最近の記事

  1. 2020.04.11

    ARRIVAL,0.0833

© 虹乃ノラン All rights reserved.

蝉のビブラートとともに。

こんにちは、にじのです。

きょうはひらがなのきぶんです。まるーいまるい。

えっと、蝉が鳴きはじめました。夏がやってきます。ああ、命だなあと、思う。

ビブラート、揺らぎ、びびびびびって届く、その命の音。

ふと考える。自分は、鳴けているだろうか。

いうでしょう、十分だって。そうなのかな。わからなくなる。

でも、わからなくたっていいんだって。そうも思う。

あふれようとする想いはたしかにあって、でもまだその皮膚はとても柔らかくて、外界にさらされることを、とても怖がっている。

 

怖がったっていいんだ。きっと誰かがそばにいるから。

怯えたっていいんだ。きっと誰かが守ってくれるから。

 

その誰かがこの世にいない誰かなのだとしても――

その誰かが自分の中の妄想なのだとしても――

 

怖がったっていいんだ。きっと誰かがみているから。

情けなくたっていいんだ。きっと誰かが誰かが誰かが。

 

かすかに聞こえる蝉の音は、すこしたてばもう聞こえなくなるだろう。

それでもきっと会える。また会える。ここにいるから。

 

nijino noran.

関連記事

ARRIVAL,0.0833

自分の中の最高傑作に位置する映画作品にひとつ出会ったのでどうしても記録を。 邦題、メッセージ。主演エイミー・アダムスとハートロッカーのジェ…

289円の還付申告

なにやら初夏の温度、というのがありますが、なんとなくそれを感じて、はやいなあと思いつつ、いえ、まったく早くないのだ。時は既に4月も末なのであ…

鍵を拾った話をしよう。

鍵を拾いました。 正確にいうと、かぎ尻尾のひとりの猫です。キジトラの茶+グレーがかった子です。 最初の出会いは昨年の5月あたりで…

なんちゃってGlühwein

ねておりました。寝込んでおりましたが正しいでしょうか。いやはや寒くなりましたね。外へ出て帰って来ると、心底エネルギーを消耗していることに気づ…

種よ、種とて、種ならば。

こんにちは。 三週間ほどまえに道端で拾ってきたかわいらしい雑草が、種子をつけました。もう弾けてしまっている子たちもいるけど、拾える子は…

ページ上部へ戻る