© 虹乃ノラン All rights reserved.

暮れのげんきなご挨拶。

暮れのげんきなご挨拶。って急に思い出しました、サラダオイルは使いませんがにじのです。

お久しぶりです。こんばんは。

ちゃんと、感謝の気持ちをお届けしたいと思うのに、どこかでどっかり甘えているにじのです。ダメですね。

でも甘えてもいいじゃん、だってがんばってるし、とかも思ってたりなんかして、ダメですね。

そんなダメダメですが、最近ワインはガストでもサイゼリヤでもなく、タカムラにお世話になってます。安いですなあ。酔っぱらいますと、食欲中枢がおかしくなるから、あんまり飲まないほうがいいとは思うんだけど、わたしは酔うと、筆が乗るんですなあ。ゲン担ぎしがちな自分ですが、自制心や理性の強すぎる傾向にある自分にとって、もしくは、躊躇いや、切り捨てがことごとく苦手な自分にとって、――酔っぱらってるくらいの方が人生うまくいく――かどうかは、おいといて、それは過去の話ですが、まあそんなこんなで、酔っ払いです。こんばんはー!

感謝とか、ありがとうとか、ごめんなさいとか、いろいろありましたとか、とても、素面では書けません。

2017年。本当にいろいろありました。ありすぎたような気がします。ガラガラと色々なものが音を立てて崩れ、足元を消し去り、濁流に飲み込まれ、息を吸おうと泥を吸い、目指してたはずが、闇の中。

そして消えない自分。

見苦しくて消え去りたい――こういう感覚を持つ人は少なくはないと思います。なぜ見苦しいと、消え去りたいのか。そこが論点なのですが、そこは盲目であることが、多いのでは、ないでしょうか。

見苦しくて、どこが悪い――それをアピールしては、それも、見苦しい。

延々と、人は、社会の中で飲み込まれるつもりなどかけらもないのに、飲み込まれて、翻弄されて、生きてたり。

自分は――どうなんでしょう。

社会は、どうでもよくはない。社会が、大事でなければ、きっと小説など書かないのでは?

無人島にただひとり、いたら、わたしは何を、しているか。

考えます。

無人島にただふたり、いたら、わたしは何を、しているか。

考えます。

無人島にただじゅうにん、いたら……?

一人ずつ増えて、社会の定義は、なんでしょう。

何をかくつもりできたのか、それは、感謝の気持ちを伝えることと、一応の、2017年の最後の記事を遺すために。

多くの出逢いと、別れと、苦しみと、喜びと

さよなら、ありがとう、こんにちは、さようなら。

ありがとう、すべてのひとに。

来年もよろしくとはいえないかもしれなくても、

自分にだけはせめていいたい。

来年もよろしく。

つきあうしか、しかたない。

結局誰にも、感謝のきもちさえ、伝えることなんてできる気しない。

めっちゃ言いたくても、それでも、生きてんだなあ。

n.

関連記事

楽しいと思えることがひとつでもあるなら。

この世は闇か光か――。 いやあ、大げさな感じで始まりました、わーいちょっと余裕ができて? 昼間っからまぁたワインかっくらってるにじのが…

こんにちは、世界。

こんにちは。大変おひさしぶりです。 #include <stdio.h> main( ) { printf(…

それははたして、ニアリーイコール❝0❞なのか。

今日も例によって、とりとめないです。先に言っておきます、すみません。 「気力」について書きにきました。今日はちょっと雨がふってました。…

まだ寒い。でも歩き続ければあたたかい。

ポスト投函に外へ出た。 裸足にサンダルを履いて、さすがに寒い。 だから走った。スロージョグ的に。ほんの数分くらいだけれど。 二…

明日も「今日も」といえますように。

今日も鉄瓶で湯を沸かす。 重すぎておばあちゃんが一度も使えなかった、そんな問題児だったこいつ。 そしてなんとなく捨てられないこの…

ページ上部へ戻る