おすすめ記事

  1. 2018.02.01

    2018

© 虹乃ノラン All rights reserved.

まだ寒い。でも歩き続ければあたたかい。

ポスト投函に外へ出た。

裸足にサンダルを履いて、さすがに寒い。
だから走った。スロージョグ的に。ほんの数分くらいだけれど。

二年前のちょうどこの頃か、はじめての応募原稿を郵便局までもっていったとき、帰り道に自転車でみあげた空が、とても、とても青かったことを憶えている。

あたらしい季節だ――わたしはそう思った。

去年のちょうどこの頃か、ある夜に、わたしは誰もいない暗闇のなか、ひっそりと桜の咲き乱れる深夜の公園を歩いた。そして、桜の合間からのぞく、街灯という名の月をみあげていた。

今日、同じ公園をあるいた。桜は咲き、子どもたちが走っていた。まだかわいらしいコートを着込んだまま、ミニスカートをはいて、笑顔で走っていた。

お母さん、そろそろもこもこのコートは、元気にあそぶには暑いだろうに。

視界には、街路にしっかりと咲く白い花と青い花と青い緑と、
視界には、桜の太い木の幹と、

ころがった、黄色いボールが。

そんな中をくぐりぬけてたどりつく共同玄関は、オートロックの外れる時間。

とりとめもなく。

関連記事

『地球と人のあいしかた』 岩崎公弥子著 高陵社書店

 一年以上も前になる。友人に子守を頼まれ訪れた名古屋市科学館の売店でこの本をみつけた。パラパラとめくり、これはきっといま手にしないと、もう読…

Is all lost?

ふと。 オール・イズ・ロストを思い出しました。海難でインド洋を漂流する男の話です。いうに及ばないことですが、オールは、”すべて”という…

神様、人間は、進みすぎる生き物ですか。

こんばんは。 2時間かけて10キロ歩き、4時間かけて2000字ほど書いた。もう少しだけ正確にいうと、2時間20分ほど歩いて9.8キロほ…

ひじき4.7グラムとな。

わりと、嵩を食べたい人間です。しかしながら、身体の声に耳を澄まし、何食べたいか、にわりと、忠実に従うようにしています。ただし、ポテチ食べたい…

楽しいと思えることがひとつでもあるなら。

この世は闇か光か――。 いやあ、大げさな感じで始まりました、わーいちょっと余裕ができて? 昼間っからまぁたワインかっくらってるにじのが…

ページ上部へ戻る