© 虹乃ノラン All rights reserved.

まだ寒い。でも歩き続ければあたたかい。

ポスト投函に外へ出た。

裸足にサンダルを履いて、さすがに寒い。
だから走った。スロージョグ的に。ほんの数分くらいだけれど。

二年前のちょうどこの頃か、はじめての応募原稿を郵便局までもっていったとき、帰り道に自転車でみあげた空が、とても、とても青かったことを憶えている。

あたらしい季節だ――わたしはそう思った。

去年のちょうどこの頃か、ある夜に、わたしは誰もいない暗闇のなか、ひっそりと桜の咲き乱れる深夜の公園を歩いた。そして、桜の合間からのぞく、街灯という名の月をみあげていた。

今日、同じ公園をあるいた。桜は咲き、子どもたちが走っていた。まだかわいらしいコートを着込んだまま、ミニスカートをはいて、笑顔で走っていた。

お母さん、そろそろもこもこのコートは、元気にあそぶには暑いだろうに。

視界には、街路にしっかりと咲く白い花と青い花と青い緑と、
視界には、桜の太い木の幹と、

ころがった、黄色いボールが。

そんな中をくぐりぬけてたどりつく共同玄関は、オートロックの外れる時間。

とりとめもなく。

関連記事

それははたして、ニアリーイコール❝0❞なのか。

今日も例によって、とりとめないです。先に言っておきます、すみません。 「気力」について書きにきました。今日はちょっと雨がふってました。…

明日も「今日も」といえますように。

今日も鉄瓶で湯を沸かす。 重すぎておばあちゃんが一度も使えなかった、そんな問題児だったこいつ。 そしてなんとなく捨てられないこの…

今日は雨だ。わりとひどい雨だ。

今日は雨だ わりとひどい雨だ 雨は流すという 記憶か現実か虚構か 喜びか悲しみか憐れみか 雨は流すという 誰かの…

光りの香りを嗅ぐときに。

光と影。 ふと、当たり前のことをちょっとほざきたくなり。 プロフィール画像として最初から使わせていただいているこのアイコン、友人…

〇〇ではないこと、に幸せを憶えよ。

ふと。 今月は余裕があるんです。っていうか、さぼっているわけですが。 1月は実際がんばりました。一日の区切りがわからないほどに、…

ページ上部へ戻る