© 虹乃ノラン All rights reserved.

それははたして、ニアリーイコール❝0❞なのか。

今日も例によって、とりとめないです。先に言っておきます、すみません。

「気力」について書きにきました。今日はちょっと雨がふってました。袖なしのダウンベストを着込んで自転車に乗りました。濡れたサドルで、ジーンズのお尻は冷たいです。それでも、漕ぐ腿の筋肉は、熱さを感じています、しっかりと。――そんな微妙な季節です。

人間は、いえ、生き物は、代謝する存在です。自然の摂理によるならば、代謝とは、合成と分解からなります。そして合成するには、インプットが必要です。インプットなき合成は、いずれ枯渇します。早々に。それほど、もちません。

生命維持だけであるならば、それは、ブドウ糖でもよいのでしょう。鼻から、米の煮汁を流し込んでも、生きてはいられるのかもしれないですね。さてそこで、人間の煩わしさが頭角を示します。「生きる」についてです。

ただ、息をして、心臓が動いているだけで、人間は「生きて」いると考えない。その活動は、生命維持だけにとどまらず、意思や目標に通じるものでなければ、と。

クオリティ・オブ・ライフ?

はっ、生きづらく、なったものですね。もう、何千年もまえから? いえ、数百年ほどなのかも、しれないですね。いえ、地球や宇宙のいずれかでは、まだ、依然として、生きづらくないフィールドも存在しているのかもしれません。私たちが知らないだけで……。

すいません、またか、酔ってます。酔ってるときしかこんなの書かないのです。また、嫌われますね。はっ。めんどくさいですね。

人は潰れます。いえ、ぎりぎりのところをいえば、人は、潰れる、本当にギリギリのところで、逃げる本能をきちんと持っていると感じています。もう無理だという真意は、「これ以上は、もう1ミリだって無理だ」――と。ということは、あと1ミリだけの、猶予が残っているのだ。と。

しかしその猶予は、危険です。本当に危険です。1ミリって、ミリって、わかってますか。その単位さえ、あやふやなことを。

逃げればいい。いえ、むしろ、逃げなければならぬときがある。それなのに、人は、無理をするのだ。逃げてはならないと信じ込むのだ。

この先は、もうわかっているでしょう。そんなことを言いつつも、自分を追い詰め続けている、自分自身でさえが。言葉とは裏腹な態度をとり続けている。

このままでは破滅だ、終わりだ――そう思ったところで、人は這いあがる。それほどのタフネスさも実はある。しかし、だけど、危険と、背中合わせなのだ。

危険ってなんですか。危険ってなんですか。

なにいってんの、わかってるでしょう。笑える。

いえわかりません、本当にわかりません、おしえて、くださいよ。

あほらしい。

おしえてくれないのですか――。

 

違う、違うんだ。

 

代わりに言ってあげる人が要る。

 

休めって、とにかく、休めばいいから。

大丈夫だって。逃げやしないから。

 

信じられないでしょう。ききたくないでしょう。

 

それでも……。

 

明るい夜に、おやすみなさい。

関連記事

楽しいと思えることがひとつでもあるなら。

この世は闇か光か――。 いやあ、大げさな感じで始まりました、わーいちょっと余裕ができて? 昼間っからまぁたワインかっくらってるにじのが…

こんにちは、世界。

こんにちは。大変おひさしぶりです。 #include <stdio.h> main( ) { printf(…

まだ寒い。でも歩き続ければあたたかい。

ポスト投函に外へ出た。 裸足にサンダルを履いて、さすがに寒い。 だから走った。スロージョグ的に。ほんの数分くらいだけれど。 二…

明日も「今日も」といえますように。

今日も鉄瓶で湯を沸かす。 重すぎておばあちゃんが一度も使えなかった、そんな問題児だったこいつ。 そしてなんとなく捨てられないこの…

今日は雨だ。わりとひどい雨だ。

今日は雨だ わりとひどい雨だ 雨は流すという 記憶か現実か虚構か 喜びか悲しみか憐れみか 雨は流すという 誰かの…

ページ上部へ戻る