最近の記事

  1. 2020.04.11

    ARRIVAL,0.0833

© 虹乃ノラン All rights reserved.

The missing piece.

どうも、虹乃です。

そういえば、絵本を紹介しようと思っていたのでした。
どれからおすすめしようか、迷っていたのですが、やはりこれから。

『大きな木』などで有名な、Shel Silverstein 氏の”The missing piece” 邦題 『ぼくを探しに』です。

無題.jpg

自分の体がまんまるでないのを気に病んだこの子が、

自分にぴったりのピース(piece)を探しに行き、

大きすぎたり、小さすぎたり、尖りすぎてたりなんかして、いろいろ失敗したあげく、

ものすごくぴったりのかけら(Piece)をとうとう見つけるのですが、

まんまるになった自分が、あまりにもすごいスピードで転がっていくので、ついにはそのかけら(Piece)を手放して、ひとりに戻ってしまう。

というお話です。

あ、ちょっとざっくり言い過ぎちゃいました。ゴメンナサイ。

このお話、最初に読んだとき、ものすごく悲しかったんです。

そんなのやだーー!!!って思いました。

パタンと閉じて、もう見たくないって、思ってしまった。

でもね、ふっと、すこーし時間をおいてから、なんとなくもう一度読み進めてみたのです。

じっくりと。

すると、一度目では感じることのできなかった「ああ、そうか」という切ない気持ちが湧き上がってきました。

著者には、おそらく明確なメッセージは常にあると思います。
でもそれを、作品の中で明確に訴えるのか、さりげなく見せるのか、逆説的に語るのか、それはもう作者のやり方はそれぞれです。

自己肯定にあるのだとおもいます。あるがまま、自分らしくあればよいということ。

自分を満たそうとするその過程は、大切なものなのだと思います。

満たせなくてよい、と言っているのではなく、

おそらく、まずは欠けている自分を丸ごと愛することを、認めているのだと思います。

ただし、最後のシーンが、やはり切なく、ひとりになった主人公のもとへちょうちょがとまるのですが、このとき、この子はそれに気づいているのかいないのか。

……これは虹乃の深読みしすぎなのかもしれません。

『死』

わたしは、思うのです。ただし、それはとても幸せな死です。

最後の2ページです。

1.jpg

2.jpg

皆さんはどう思いますか?シルヴァシュタインファンの方から、思いっきりののしられるかもしれません。
しかし芸術作品とはそういうもの。
そこから何を受け取るか、それはわたしたちの自由でもあるのです。

でもこれは、人生の始まりから終わりまでを書いている、そんな気がしてならないのです。

最後まで気づかないかもしれない。

大好きな映画に、クリストファー・ノーランの「メメント」があります。もうお気づきですか?
虹乃のペンネームはここからいただいてます。虹乃は、実は「キョウダイ」の当て字です。
兄弟ノラン、ノーラン兄弟。
(Nolan とNoranの綴りが違うという突っ込みはまた別でお受けします)

その「メメント」の原作脚本となった「メメント・モリ」は、クリストファーの弟であるジョナサン・ノーランが書いた短編小説で、1933年シカゴ創刊の「Esquire」に掲載されたものらしいのですが(原作を探しているのですが読めてません。どなたかご存じでしたら教えてください)、メメント・モリ(羅: memento mori)は、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句です。「死を記憶せよ」などとも訳されます。

『人生とは、探す旅なのだと』

わたしはそう受け止めています。

読んでいただきありがとうございました!

nijino noran.

関連記事

ARRIVAL,0.0833

自分の中の最高傑作に位置する映画作品にひとつ出会ったのでどうしても記録を。 邦題、メッセージ。主演エイミー・アダムスとハートロッカーのジェ…

289円の還付申告

なにやら初夏の温度、というのがありますが、なんとなくそれを感じて、はやいなあと思いつつ、いえ、まったく早くないのだ。時は既に4月も末なのであ…

鍵を拾った話をしよう。

鍵を拾いました。 正確にいうと、かぎ尻尾のひとりの猫です。キジトラの茶+グレーがかった子です。 最初の出会いは昨年の5月あたりで…

なんちゃってGlühwein

ねておりました。寝込んでおりましたが正しいでしょうか。いやはや寒くなりましたね。外へ出て帰って来ると、心底エネルギーを消耗していることに気づ…

種よ、種とて、種ならば。

こんにちは。 三週間ほどまえに道端で拾ってきたかわいらしい雑草が、種子をつけました。もう弾けてしまっている子たちもいるけど、拾える子は…

ページ上部へ戻る