© 虹乃ノラン All rights reserved.

楽しいと思えることがひとつでもあるなら。

この世は闇か光か――。

いやあ、大げさな感じで始まりました、わーいちょっと余裕ができて? 昼間っからまぁたワインかっくらってるにじのがこっそり参上しました。まあぜんぜん更新できてないので、気分が向いたってことで、よいかもしれないです! ってことにしておきましょう。

前も書いたことあるのだけど、たぶん私は、自分の意思や希望、願い、よりも、他者の価値観に縛られて育ってきたのだと、自覚はしています。だから、意識的な抑制や抑圧が思う以上に強くて、なにかをしても、なにかをしなくても、常に、それが周りにどういう影響を及ぼしたのか、もしくは及ぼさなかったのか、そんなことにいちいち思い患いながら、時間を過ごしてきました。だから(二回目)、「人生ちょっとくらい、酔ってたほうがうまくいく」と、10年くらい前までは真剣に思ってました。でもさ、酔ってる時間って、最強な気分になったりもするけど、その反動って絶対にやってきて、結局はまた患って、うじうじくよくよ、鬱陶しい感じになるわけです。周りからはそう見えない、これがまた、いい感じに機能しまして、勝手にひとり孤独感、孤立感、満載なー青春時代を(割愛)。

孤独かどうかなんて、人間以外の動物は、考えたりなんてしないんでしょうね。でもさ、さみしいっていう感情や、喪失感は持ってると感じる。動物でも。多分恐らく絶対に。

じゃなかったら、猫だって、犬だって、ハムスターだって、ウサギだって、こんなにコミュニケーションとれるわけないんだもん。……うじうじ。

さて、ずいぶんうざい感じに前置きが長引いてマスが、「楽しいと思えることがひとつでもあるなら」と書いたんだけども、あー、ワインがうまい!って思った瞬間に、なんか書きたくなっちゃったんです。ねこがかわいい! でもいいし、ステーキがうめぇ! だっていいし、体重減った! いえい!! でもいいんだけど。

うれしい! って思う瞬間の気持ちを、大事にしたいって、あらためてなんか急に感じちゃったんです。ただそれだけなんです。すいません。ごめんなさい。

ってことで、6月最後のどうでもいい日常にしたいと思います。

 

あ! 銀盤のフラミンゴが、アマゾンKindleで、unlimited対応になっちゃいましたよー!!! 契約してる方、ぜひぜひとも、よんじゃってほしいです!

こっち!ら!

『銀盤のフラミンゴ』虹乃ノラン著 

あとね、あとね、地味なお知らせになっちゃうけど、第五回暮らしの小説大賞で最終候補にしていただいた作品を、スターツ出版の小説大賞に応募するために公開しちゃいました! 気になる!って方はぺらりんと開いちゃってくださっていいんだからね! (さらには! 書籍化希望する!とかいうよくわかんないボタンも推しちゃっていいだからね!!!!)

『ハローワールド』

では💛

 

にじのん。

関連記事

289円の還付申告

なにやら初夏の温度、というのがありますが、なんとなくそれを感じて、はやいなあと思いつつ、いえ、まったく早くないのだ。時は既に4月も末なのであ…

鍵を拾った話をしよう。

鍵を拾いました。 正確にいうと、かぎ尻尾のひとりの猫です。キジトラの茶+グレーがかった子です。 最初の出会いは昨年の5月あたりで…

なんちゃってGlühwein

ねておりました。寝込んでおりましたが正しいでしょうか。いやはや寒くなりましたね。外へ出て帰って来ると、心底エネルギーを消耗していることに気づ…

種よ、種とて、種ならば。

こんにちは。 三週間ほどまえに道端で拾ってきたかわいらしい雑草が、種子をつけました。もう弾けてしまっている子たちもいるけど、拾える子は…

『地球と人のあいしかた』 岩崎公弥子著 高陵社書店

 一年以上も前になる。友人に子守を頼まれ訪れた名古屋市科学館の売店でこの本をみつけた。パラパラとめくり、これはきっといま手にしないと、もう読…

ページ上部へ戻る