© 虹乃ノラン All rights reserved.

Lost Stars(Lyric)ココア共和国2024年3月号電子版掲載 佳作II

 昨日、ぼくはライオンが捕らえた鹿にキスをするのを見たよ。サバンナ? いやもちろん、アニマルプラネットティーヴィーでだよ。

 昔飼っていた猫のフィーヴィーが、捕まえたイモリを愛しそうに舐めていたよ。そして最後の最後まで食べた後に、とても満たされた表情をして、窓際で眠っていたんだ。

 恍惚の表情にみえたよ。こんなことをいうと、君は大袈裟だっていうかもしれないけれどね。

 食べることと躰を重ねることは、似てるってよくいうだろ? 君は以前いっていたよね。ぼくを取り込んでしまいたいって。その境界線を奪い去ってしまいたいって。

 体と体を隔てる、なにかしらの細胞が邪魔だって。こんなものいらない、取り込んでしまいたいって。

 ぼくはとても君を愛してた。君がいうことはちょっと気味がわるくて、そんなことをいいながら泣くから、なんで泣くんだろうって、痛いのかな、やめてほしいのかなって、でもどうしていいかわからないけど、君が求めることはどこまでも底がないように思えた。

 ぼくはすこし恐ろしかった。君はぼくを取り込みたいといった。そしてぼくは、自分が君に取り込まれていきそうなことをひしひしと感じていた。

 君は、躰のなかに星があるといった。爆発する前の星のようだといった。ビッグバンだといった。あたしは、もうすこししたら弾けてしまうと。そして泣いた。よくわからなかった。

 ぼくは、君にあやまらなくてはいけない。君はぼくをきっと食べたかったんだろうと思うんだ。そうじゃないと君は繰り返したけれど、ぼくはいつまでも君を満たせないことを、この躰をもって知っていた。

 君は満たされない、いつまでも。ぼくは逃げた。満たしたかったけれど、とりこまれて融合してきみと永遠に生きる勇気はなかったんだ。

 だからごめん。君はきっといつかその瞳に映る星を失う。それはきっと君が弾けて、宇宙になったそのときだ。

 ぼくは遠くから、それを信じてる。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


玉つきのヘアピンはみななみなみである。

こんにちは。ふつうの記事?を書くのはとても久しぶりな気がします。あ、お久しぶりです。 最近カクヨムやら、あちこちに出没している私です…

20242/12

目覚め(Lyric)

子供が泣き叫ぶ眠っていた猫たちが窓辺へ寄りうろうろとしだす 外にいる子供が叫ぶ四角い繭の内からはその方角を見失う 猫は見失うし…

20242/12

カーテンの内側(Lyric)

外は桜退紅たいこうはさらに白み舞ながら地の汚れを吸い取って側溝に吹きだまりそして黙る 外は蝉ジジと最期の力を込めて鳴く脚は宙そら 翅…

20242/12

いつか、はかなくなる背中。(Lyric)

美しい背中 膨らむ背中 いつか、吐かなくなる背中 …

20241/29

Colored Maybe Navy Blue…(Lyric)

エリザベスカラーの縁が 壁を削りながら歩いている せわしなく擦る摩擦音は 彼女の苛立ちを高め 私を諌める 四つ足の…

ページ上部へ戻る