おすすめ記事

  1. 2020.04.11

    ARRIVAL,0.0833

© 虹乃ノラン All rights reserved.

20241/29

Colored Maybe Navy Blue…(Lyric)

エリザベスカラーの縁が

壁を削りながら歩いている

せわしなく擦る摩擦音は

彼女の苛立ちを高め 私を諌める

四つ足の毛深い黒い娘は

その脚の一部を朱色あかく染めて

内にある血潮の筋は

蜘蛛の糸よりも頼りない

躰のうちに 宿る魂は

いつか間違いなく そこはかと消える

地に這う根は千切れ 空を飛ぶ翅は羽ばたき

そらのアオは無限大

カラーから解放されたとき

彼女は地にその身を宿して

自由に朗らかに その生を謳歌する

Maybe Blue,

Colored Blue,

その色ははるか彼方に

私たちをつれていく

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


玉つきのヘアピンはみななみなみである。

こんにちは。ふつうの記事?を書くのはとても久しぶりな気がします。あ、お久しぶりです。 最近カクヨムやら、あちこちに出没している私です…

20242/12

目覚め(Lyric)

子供が泣き叫ぶ眠っていた猫たちが窓辺へ寄りうろうろとしだす 外にいる子供が叫ぶ四角い繭の内からはその方角を見失う 猫は見失うし…

20242/12

カーテンの内側(Lyric)

外は桜退紅たいこうはさらに白み舞ながら地の汚れを吸い取って側溝に吹きだまりそして黙る 外は蝉ジジと最期の力を込めて鳴く脚は宙そら 翅…

20242/12

いつか、はかなくなる背中。(Lyric)

美しい背中 膨らむ背中 いつか、吐かなくなる背中 …

Lost Stars(Lyric)ココア共和国2024年3月号電子版掲載 佳作II

 昨日、ぼくはライオンが捕らえた鹿にキスをするのを見たよ。サバンナ? いやもちろん、アニマルプラネットティーヴィーでだよ。  昔飼っ…

ページ上部へ戻る