© 虹乃ノラン All rights reserved.

20239/24

GIVE ME, your GOOD BYE.

くだらない現実に心を害めて
はかない燈を自ら絶ってしまうなら
その命をぼくにくれよ

すくわれない妄想に夢を観て
妖しい踊りを孤独と共に唄うなら
その命をぼくにくれよ

鞄を背負って陽炎に歪む坂道を
いつまでも擦り切れない踵を踏んで歩くなら
その靴はぼくがもらうよ
だから君はその部屋で
永延に寝ていればいい

涙脆さがやさしさなんて
ふざけたことをいうピエロが
君の枕を奪って代わりに夢を観てるなら
枯れた花びらを掬い集めて
路端につぶれたミミズとともに
亡いたハートを埋めていく

枯れた枝にも役割があるなんて
裸の社長が宣うなら
安楽椅子に腰掛けて
遊園地のコーヒーカップは
24時間眠らない

君を

眠らせない
悪夢が君を襲うなら
美しいシーツに身体を包んで
蓑虫みたいに閉じ籠れ

瘡蓋は作らない方がいいんだって?
へなへなのやわやわに保っておくのがいいんだって?

そんなバカな

くだらない現実に心を害めて
はかない燈を自ら絶ってしまうなら
その命をぼくにくれよ

そうしたら僕がもう一度
君にその種を植えてあげるから

その命をぼくにあずけてよ
きっとべらぼうな利子をつけて
君に返してあげるから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


玉つきのヘアピンはみななみなみである。

こんにちは。ふつうの記事?を書くのはとても久しぶりな気がします。あ、お久しぶりです。 最近カクヨムやら、あちこちに出没している私です…

20242/12

目覚め(Lyric)

子供が泣き叫ぶ眠っていた猫たちが窓辺へ寄りうろうろとしだす 外にいる子供が叫ぶ四角い繭の内からはその方角を見失う 猫は見失うし…

20242/12

カーテンの内側(Lyric)

外は桜退紅たいこうはさらに白み舞ながら地の汚れを吸い取って側溝に吹きだまりそして黙る 外は蝉ジジと最期の力を込めて鳴く脚は宙そら 翅…

20242/12

いつか、はかなくなる背中。(Lyric)

美しい背中 膨らむ背中 いつか、吐かなくなる背中 …

Lost Stars(Lyric)ココア共和国2024年3月号電子版掲載 佳作II

 昨日、ぼくはライオンが捕らえた鹿にキスをするのを見たよ。サバンナ? いやもちろん、アニマルプラネットティーヴィーでだよ。  昔飼っ…

ページ上部へ戻る