© 虹乃ノラン All rights reserved.

20241/9

紅い流体(Lyric)

身体が受け付けなくなっても
わたしは紅い液体をのむ

失われたものが なにか
わかりきっては いないけれど
わたしは紅い液体をのむ

階段をひとつ
踏み外したような空気が
わたしの脳を襲っても
わたしは紅い液体をのむ

しあわせだった
わらいあっていた
なにものもおそれていなかったころのわたし

刻まれた血潮をたどるように
海原からグラス一杯のワインを探す波は
すぐに見失い
わたしを除け者にする

そうだとしても

波に漂うボトルメイルは
割れることなく
一度大航海をして

わたしの血潮にたどり着くだろうか

わたしはそれを願い
紅い流体となる

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


玉つきのヘアピンはみななみなみである。

こんにちは。ふつうの記事?を書くのはとても久しぶりな気がします。あ、お久しぶりです。 最近カクヨムやら、あちこちに出没している私です…

20242/12

目覚め(Lyric)

子供が泣き叫ぶ眠っていた猫たちが窓辺へ寄りうろうろとしだす 外にいる子供が叫ぶ四角い繭の内からはその方角を見失う 猫は見失うし…

20242/12

カーテンの内側(Lyric)

外は桜退紅たいこうはさらに白み舞ながら地の汚れを吸い取って側溝に吹きだまりそして黙る 外は蝉ジジと最期の力を込めて鳴く脚は宙そら 翅…

20242/12

いつか、はかなくなる背中。(Lyric)

美しい背中 膨らむ背中 いつか、吐かなくなる背中 …

Lost Stars(Lyric)ココア共和国2024年3月号電子版掲載 佳作II

 昨日、ぼくはライオンが捕らえた鹿にキスをするのを見たよ。サバンナ? いやもちろん、アニマルプラネットティーヴィーでだよ。  昔飼っ…

ページ上部へ戻る