© 虹乃ノラン All rights reserved.

ディベートと論破

その昔、新卒で採用された企業で、いくつもの研修を受けた。

その中に、ディベート研修というものがあった。入社早々か、一年目あたりで受けさせられたと思う。

ディベートとは、特定のテーマにつき肯定派と否定派の立場に分かれて意見を戦わせ、最終的に勝敗を決める討論のこと。ゲームのように行われるこのバトルで、私は悠々と勝利を収めていった。

ただし、講師の言葉はこう:

勢いと熱量で、論破できてしまうが、よくよく振り返ってみると論理が不完全で、心許ない。

今になって思い返すのは、それはわたしが短編が苦手で、どちらかというと長編でうやむやにしているのではないかという、自戒の念を覚えたからだ。

それはとてもおそろしいこと。

なんとなく、納得させてしまう。

なんとなく、ひきつれていってしまう。

よくよく考えてみれば、通っていたように思えた理屈は、通っていなかったり。

よくよく考えてみれば、主題を切り取る角度が、いつの間にやら変更されていたり。

それも一つの手法。

ただ、あとになって疑問を呈するようでは、残すものの純度として、完全に不完全なのです。

自戒。

次回。

完全への挑戦は、永遠なり。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


玉つきのヘアピンはみななみなみである。

こんにちは。ふつうの記事?を書くのはとても久しぶりな気がします。あ、お久しぶりです。 最近カクヨムやら、あちこちに出没している私です…

20242/12

目覚め(Lyric)

子供が泣き叫ぶ眠っていた猫たちが窓辺へ寄りうろうろとしだす 外にいる子供が叫ぶ四角い繭の内からはその方角を見失う 猫は見失うし…

20242/12

カーテンの内側(Lyric)

外は桜退紅たいこうはさらに白み舞ながら地の汚れを吸い取って側溝に吹きだまりそして黙る 外は蝉ジジと最期の力を込めて鳴く脚は宙そら 翅…

20242/12

いつか、はかなくなる背中。(Lyric)

美しい背中 膨らむ背中 いつか、吐かなくなる背中 …

Lost Stars(Lyric)ココア共和国2024年3月号電子版掲載 佳作II

 昨日、ぼくはライオンが捕らえた鹿にキスをするのを見たよ。サバンナ? いやもちろん、アニマルプラネットティーヴィーでだよ。  昔飼っ…

ページ上部へ戻る