© 虹乃ノラン All rights reserved.

落ち葉は秋の装い。

春なれど。

今日の日差しはすこし暑いくらいだった。それでも家の中はひやりと冷える。外気を浴びた頬が少しちりちりとする。

神宮へ寄る。すべての社を参る。昨年の6月ぶりだ。

昨年、私は生まれて初めてお賽銭として札を入れた。心の中で言葉を紡ぐ時間はとてもとても長い。そして今日も、とてもとても長い。昨年よりも長い。

昨年、私はここで、大吉をもらった。病は「治る」とあった。

今日、受け取った言葉は、「吉」。番号は「一」。病は、「長引けど治る」

今日、伝えた病は、治らないのだ。長引けども、吉ということが最大のメッセージに思う。そして、「素直な心をもって優れた人の導きを受けながら進めば良きことあり。自分勝手なことは慎むべし。聞く耳を持て」と。まさに自分でもそれが必要と思うからこそ、の再認識の言葉だったように思う。

死ぬことは不幸ではない。

苦しんで死ぬことは不幸かもしれない。一人で孤独に死ぬことも不幸かもしれない。でもそれが望みであれば、幸せかもしれない。

望みがかなえられないまま、己の時間が刻まれて終焉を迎えるのは不幸かもしれない。

それでも、「死」そのものは、決して不幸ではないはずだ。だけど人はそれを恐れる。だけど、それを望むこともある。それ以上に苦しみが在る場合だ。

大切な存在が、「死」を望まず、生きていたい、孤独を望まないでともにあることを願う限りは、そこに幸せはたしかに在る。

そこに、終わりが必ず訪れることは、人類にはどうしようもない。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

信じるところから始まる。

開路が導かれるとすれば、それは信じるところから始まる。 疑いの心や敵対心から、それは決して生じず、自らの心と周囲の状況を泥沼に落とす…

能動的”生きる”、と、受動的”生きる”、について

1)一年前の今日、私は生きていた。 2)二年前の今日、私は生きていた。 3)今日、この瞬間の今日、私は生きている。 この…

ARRIVAL,0.0833

自分の中の最高傑作に位置する映画作品にひとつ出会ったのでどうしても記録を。 邦題、メッセージ。主演エイミー・アダムスとハートロッカーのジェ…

289円の還付申告

なにやら初夏の温度、というのがありますが、なんとなくそれを感じて、はやいなあと思いつつ、いえ、まったく早くないのだ。時は既に4月も末なのであ…

鍵を拾った話をしよう。

鍵を拾いました。 正確にいうと、かぎ尻尾のひとりの猫です。キジトラの茶+グレーがかった子です。 最初の出会いは昨年の5月あたりで…

ページ上部へ戻る