© 虹乃ノラン All rights reserved.

雨は心に静けさを運んでくるから。

こんにちは。

引きこもり文学大賞、第一回引きこもり文化祭、短文部門で入賞をいただきました。ありがとうございました。

詩はこちらです。

今日は雨だ。わりとひどい雨だ。

書いたのは、2018年3月21日になっています。前後に続く記事は、『明日も「今日も」といえますように。』と、『まだ寒い。でも歩き続ければあたたかい。』でした。

このころの私は、(今とあまり変わりませんが)ひたすらに書く以外は、ほとんど家から出ず、一日のうちでやる特別なことと言えば、ばあちゃんが遺した鉄瓶で湯を沸かすこと。それくらいでした。

当時、猫が二匹いて、彼らのごはんが切れると、なんとかドラッグストアへ行き(歩いて2分)、カリカリを買う。この翌年辺りからサイトの更新がぱったり止まる時期が来ます。完全に寝込み、お風呂も一週間入らない(あまり変わっていない気もします……)。

外の音を聞きたくなくて、それでも静寂が怖く、何かを打ち消すようにヘッドフォンをして、激しいノイズを常に流していなければ耐えられない。そんな時期を過ごしていたような、そんな気がします。いえ、はっきり覚えてはいるのですが。

最近、鉄瓶でお湯を沸かせていません。家から出ませんが、猫の世話で家の中を走りまわっています。リンパ腫を患い、皮膚炎をこじらせている17才のお姫様の楓は、目を離すと脚を舐め壊し、大出血します。彼女たちのお世話で、正直へろへろで、部屋も荒れに荒れています。

それでもようやく、自分のためにがんばろうと、この夏から復活の兆しが現れました。二度と現れないと思っていた、魂です。

雨の話に戻りますが、私は雨が嫌いではありません。だれかに「今日はあいにくのお天気ですね」「やっと雨があがりましたね!」と言われるたび、今でも心の中で、「雨、好きだけどな」とつぶやきます。

2020年から2021年にかけて、長く入院していました。術後の歩行訓練時に若いリハビリ師さんが言いました。

「天気悪いですね~」

私は答えました。「雨、嫌いですか?」

思わぬ答えだったのでしょう、彼女はとまどって、え、好きな人なんているんですか?といった。

たぶん、いると思うのです。だって雨は、心に静けさを運んでくるから。日中の音はすべて、様々な人が社会で生きている音たち。歩く音、車の音、笑い声、犬の鳴き声、工事の音――それらがすべて、雨の日は、ひっそりと姿を潜める。

(もちろん豪風雨までいくとまた怖いのですが)

この静けさが好きでした。雨だけが様々に音を作り出す。おばあちゃんちの部屋で寝転がり、庭に降りしきる雨のドロップ音を、静寂の中、それだけに耳を澄ませた。そんな高校生だったころの私を思い起こす。

ガラス窓を伝う、雨粒が作る道筋を、ただ見つめていた。

雨は私にとって労りの音。静けさを取り戻すメトロノーム。そんな感じで、書かれた言葉たちでした。

そして泣けない自分の代わりに、そのすべてを流してくれるような。

今でもその感覚は、消えていません。

     *

最後に、第一回引きこもり文学大賞(作品1「つうじょうじん」にて)を受賞された山添博之さんが2021年に作成された動画を、紹介します。

掲載するにあたり、山添さんよりお言葉をいただきました。

「この作品は、世界各国の引きこもり11名の体験談を紹介した引きこもり達自身が制作した作品です。この世界の表層からは見え難い彼らの存在を、この作品を通して知って頂くことが出来れば幸いです。山添博之

67分ほどあります。11篇の映画を見たような気持ちになりました。HIKIKOMORIの期間は人それぞれですが、そこへ至る背景、そこから脱するとき。流れる人生の短くて長い「刻」の一部をこのような形でまとめておられる活動に、心動かされました。

シンパシーという言葉は、ギリシャ語の「syn(一緒に)」と「pathos(苦痛)」からできています。この感情を感じることは、互いの痛みのケアにつながると信じます。渦中の人も、そうでない人も、すでに脱した方も、「見てみようかな」と気持ちがふと動いたのなら、ぜひご覧になってください。

GLOBAL HIKIKOMORI Our Stories.(CH:Hiroshi Yamazoe : Hikikomori

ありがとうございました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


玉つきのヘアピンはみななみなみである。

こんにちは。ふつうの記事?を書くのはとても久しぶりな気がします。あ、お久しぶりです。 最近カクヨムやら、あちこちに出没している私です…

20242/12

目覚め(Lyric)

子供が泣き叫ぶ眠っていた猫たちが窓辺へ寄りうろうろとしだす 外にいる子供が叫ぶ四角い繭の内からはその方角を見失う 猫は見失うし…

20242/12

カーテンの内側(Lyric)

外は桜退紅たいこうはさらに白み舞ながら地の汚れを吸い取って側溝に吹きだまりそして黙る 外は蝉ジジと最期の力を込めて鳴く脚は宙そら 翅…

20242/12

いつか、はかなくなる背中。(Lyric)

美しい背中 膨らむ背中 いつか、吐かなくなる背中 …

Lost Stars(Lyric)ココア共和国2024年3月号電子版掲載 佳作II

 昨日、ぼくはライオンが捕らえた鹿にキスをするのを見たよ。サバンナ? いやもちろん、アニマルプラネットティーヴィーでだよ。  昔飼っ…

ページ上部へ戻る